仮想組織と減圧症、窒素吸収が速い・遅い

ダイビングコンピューターの仮想組織、窒素吸収が速い・遅い。各組織についての特徴をまとめたページです。

速い、遅い。違いは何だ? 仮想組織と窒素の関係。
窒素吸収が【速い・遅い】組織の違い、減圧症リスクを減らすために必要な知識。
をお話したいと思います。

▼このページの内容▼(ページ内リンク)

▼さわり部分、適当に知りたい方向けLv.1

▼専門用語を使わず、少し詳しくLv.2~4

吸収が【速い】組織=排出も速い

窒素吸収が速い組織は、肺など。それらについてお話していきます。

吸収が速いと、排出も早い。

肺の話で例えると、
潜行して初めに、窒素が「濃い空気」にふれるのは肺。
浮上して初めに、窒素が「薄い空気」にふれるのも肺。

吸収が速いと、同時に排出も速い理由。

速い組織の特徴。バケツに例える

窒素吸収が速いと、排出も早い。
抜けるのが速いから、浅くて圧力が少ないと窒素が満タンになりません。

窒素吸収が速い組織は排出も速い。水深5mのように浅い場所では、窒素が抜けるのが速すぎて満タンになりません。これはバケツに穴が空いていて、上からちょろちょろと水をたらしても満タンにならないのと同じです。

例えば「5分で窒素が満タン」の速い組織。
浅いところではこんな感じで窒素が溜まらない。
出ていく水(窒素)が多くて、溜まらない。

排出が早くても、深ければ窒素が溜まります。

窒素の吸収・排出が速い組織を窒素で満たすためには、高い圧力が必要です。窒素の排出が早いため、バケツに例えると、大きな穴が開いたバケツの様なものに、水を注ぎ込むようなものです。

速い組織、を満タンにするには水圧が必要です。
吸収・排出が【速い】。
こんな特徴を抑えて、遅い組織の話しへ。

窒素吸収が遅い組織=排出も遅い

速い組織の逆なので、吸収・排出、両方とも遅い。簡単。

窒素吸収が遅い組織の特徴についてお話します。体の部位で言うなら、骨とか肉とか、体の中心に近い部位です。

【遅い組織】をバケツに例えて、特徴を。
深い場所でも、速い組織と比べると窒素吸収が遅い。

速い組織の逆で、遅い組織は、窒素の吸収と排出、両方共遅いです。30mのように深い場所でも、速い組織と比べると、遅い組織は吸収が遅いです。

何度も言うけど、窒素吸収が遅い組織は、排出も遅い。
浅い場所でも窒素が溜まる原因に。
実は、5m安全停止中に窒素が溜まります。

安全停止中に、速い組織と遅い組織を比べてみましょう。

遅い組織は安全停止中でも、窒素が溜まる

安全停止中、多くの組織からは窒素が抜けます。
・・・が、遅い組織には窒素が溜まるのです。

遅い組織の特徴で、大事なことは、安全停止で5mにいる最中も窒素を溜め続けていることです。安全停止中には速い組織からのみ、窒素が抜けています。

排出が遅いと、浅いとこでも窒素を溜め込み続けます。
少しづーつ、 少しづーつ 、窒素が溜まります。
じわーっとしみこみ続けるイメージ。

安全停止って、窒素が抜けるって教わったはず。

安全停止で、窒素を溜める組織がある。
これはダイビングコンピューターには表示されません。

水面下に潜れば、窒素吸収が遅い組織は、ずーーーーっと窒素を溜めてます。
浅くてもです。
知らないと、浅い場所なら大丈夫でしょ?みたいなことで減圧症になる事があります。

(よほど特殊な潜水をしなければ、大丈夫なことが多いですが・・・。
 とある撮影の為、1週間近く、5m程の場所に半日以上潜り続けたダイバー。撮影の最後に船のイカリが引っかかっているのを取るため、水深7-9mに入って浮上。それで減圧症になったことがあるらしいです。)

重度の減圧症の引き金になりやすいのは、窒素吸収が遅い組織です。

模範潜水を行った場合の窒素を見てみる

ちょいとブレイク、全然違う話を挟む。
とある日の模範潜水でダイビング、窒素をイメージ化。

模範潜水をした場合の窒素量を、ダイビングの①最初のころ②浮上中③ダイビング後に分けて書きました。

ダイビングを終えると、大体こんなグラフになります。(やや適当に書いてます)

減圧症を考える時に重要なのは2つ。

  • 全体の窒素
  • 遅い組織の窒素

この2つを知ることです。
次の話しへ。

まっ丸山ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

さてここで、丸山さんと、田崎さんが潜水してたので比べます。
分かり易い窒素グラフを書きました。
どちらが、減圧症の危険性が高いと思いますか?

問題です、どちらのダイバーが減圧症の危険性があるでしょうか

さっきの2つ、①全体の窒素量、②遅い組織の窒素量を比べる。
両方、丸山さんのグラフが多いです。
圧倒的に窒素量が多い。

丸山さんが危ない!
丸山さんは、危ない丸山さんになりました。

ですが、ダイビングコンピューターはこんな表示を出してます。

ダイコンの表示時間は・・・?

ダイコンの表示時間はこれです。
どちらが危ない?

危ない丸山、模範潜水を行ったダイバー田崎のダイビングコンピューターを比べると、危ない丸山さんの方がダイビング可能時間が長く表示されています。

えー。

危ない丸山さんの方が、表示時間が長いのです。
窒素を沢山溜めているのに、さらに長い時間いたら危ないよ。
意味を知らずに、ダイコンの数字だけを見てると、こんなことが起こります。

NDLを確認できても、体に溶けた窒素の総量は分かりません。
表示時間を見ても危険性は全く分からない、のです。

心理的に、数字が見えると安全のように見える。
この違いがダイコンに表示されないため、
ダイコンの指示を守って減圧症になる人が増えたそうです。

丸山ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

こんなことを頭に入れておいて、一番最後のまとめへ。
これが起こる理由とか、気をつけることとか。
全部のまとめで、ダイコンの仕組みについての話を終わりにします。

ダイビングコンピューター仕組み、最後の記事へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です