サンゴ保全活動 横島2号地

オニヒトデの駆除

冬の間は保全活動が続きます、今日から3日間連続です。

1日目は横島、2日目に南側の海、3日目は瀬ノ浜を予定。
風の様子をみながら、いつも行き当たりばったりで行います。

サンゴ保全活動の為に用意された器材が沢山詰まれた船。

一応、ノルマみたいなものが存在していて、
合計10地点のサンゴ被度調査+食害生物の駆除を行います。
今年は、あと3地点の調査と、オニヒトデが気になる場所をチェックしていけばお終い。

そんな流れで、横島です。

横島のサンゴは今も綺麗です

綺麗。

まあでも奴らはいる。

オニヒトデに食べられた後は直にわかる

現場検証、犯人を追い詰める。

傍を探せば、オニヒトデがいます

この子。

この地点のみで換算すると、現時点で今年は36匹。
去年と数字は変わらないように感じますが、傍にある塩子島では500匹以上駆除しているので、爆発的に増えている今の状態はよろしくなさそう。

横島の浅い場所はとても綺麗

今日は2本とも横島周辺で駆除活動でした。
4名のダイバーで、合計14匹。
面積当たりで考えると、注意して見守らないといけないレベルのようです。

さあ、明日も頑張るぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です