作業ダイビング」タグアーカイブ

いつもの作業ダイビング、ガイヤナ窓掃除

作業ダイビング、ガイヤナ窓掃除の様子

9月に入って、シーウォーカーシーズンが終りました。
あっという間よね。
遊びに来て頂いた沢山のお客さま、ありがとう御座いました。

ガイヤナが停泊中の瀬ノ浜桟橋。
朝の瀬ノ浜桟橋

気持ちよい朝です、外気温が夏休みよりも高い^^
8月後半は秋の終わりみたいな気候で、シーウォーカーのお客さんも寒いとのこと。
黙ってたけど、5mmのウエット来てた私が寒かった。ふふふ

水温が急激に下がってしまいました。
瀬ノ浜前の浅い場所で22度、少し潜ると21度。
10月前半みたいな水温で、困ります。大量の雨水が関係してるのかな・・・。濁ったし。

窓がかきかきかきかき

窓が凄いことに。
1ヶ月放置するとこんなになります。海底が見える船の展望室部分。
海底が全く見えない。

カキを駆除するぞー

ごっしごっし。

綺麗!!!

綺麗になった窓から展望室を覗けます。
窓が沢山、大変です。

うーん濁ったぞー。
一晩でよくなる事を祈って、9月はオープンウォーターライセンスの講習が沢山です。
ちょいと寒いけど、皆さん頑張って下さい。

ふふふふ

船舶ドック、ガイヤナ。船の陸揚げ作業

作業ダイビングで磨いたガイヤナが、陸に上がりました

先日の作業ダイビングで磨いたガイヤナ号。陸揚げ作業が始まりました。
と言ってもこれ書いてる時点でやること殆ど終ってます。

とりあえず、陸揚げの写真を。

どーん。
大きいでしょ。

水中で船体を磨くときに必要な時間は、1人で作業して2時間半くらい。
ダイビングタンク1本は必ず空になって、
徐々にレギュレーターから来なくなる空気がとても美味しく感じます。

もっと大きいのがこっち、ユメカイナ。

大きいのは分かる。
違いは、いまいち分からん。

ダイビングタンクを使う量は4本くらい?残圧0までは吸いませんが、
時間も2倍くらいかかります。

今日は前に話しをした亜鉛版を交換して、船底塗料塗って、ペラを綺麗にして作業を終えました。

後は好きな時に船降ろすだけ。
この作業をガイヤナは年に2回。ユメカイナは年に1度行います。

両方とも水温が冷たい時期に重なって、ドライスーツだと動き難くて大変なのよね。

さあ次回も磨くよー。
最後に水中で遊ぶ写真。

適当なカメラもってって遊ぶことも多いのですが、船が桟橋に係留されてる場所は、ソフトコーラルも壁に生えてて、魚も集まって綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛媛の海は、とても豊かな環境が広がります。
桟橋の下を潜るだけでも、オオトゲトサカなどのソフトコーラル。
写真には見えていませんが、船の下には100匹以上のハタンポの群れが集まっていました。

松山~でも車で2時間ほど、愛媛でダイビングがしたいと思ったら是非遊びに来て下さい。

前の作業、水中磨きと防食亜鉛はこちらです!

作業ダイビング、ガイヤナ掃除。ドック前の船底磨き

ガイヤナ清掃。作業ダイビング

いつもの窓掃除+船全体の掃除。
結構しんどいです。
でも陸上の作業よりダイビングで水中作業の方が楽。

この作業を水中でなく陸上作業にすると、
木の棒の先に鉄が付いた道具で、
永遠と船をガシガシ引っかく作業になります。
腰が痛いのよ。
なのでいつも、水中で行ってから船を陸揚げして色々作業するわけ。

船の作業内容

船の作業って、海に係わらない方には全く分からんですよね。
高橋もこちらに引越ししてくるまで知りませんでした。
要点をまとめると・・・

  1. 船底に付いたカキを落とす
  2. 船底塗料を塗る
  3. プロペラ周りのお掃除と、コーティング剤を塗る
  4. 防食亜鉛の交換
  5. その他、陸揚げしないと出来ない作業(コレは殆ど無い)

今日は1.2.4作業を紹介。

1.最初の作業 船底カキ落とし

停泊中のガイヤナ(奥)、桟橋の下を潜って掃除に

船底塗料ってのを塗るために、カキを落として高圧洗浄をするのです。
これやらないと、燃費が落ちて、船が遅くなって最悪です。
冒頭で言ってたけど、陸でやると大変。
船は背が高いのではしごが必要だし、船底磨きは腰をかがめないといけないから。

そこで、海に潜れるのでダイビング作業にしてしまってます。
BC(空気を入れる浮きぶくろ)に沢山空気を入れて、
船の底にビターっと逆さに張りついて、永遠と軍手で磨きます。

タオルで磨くみたいに、両手にはめた軍手で磨くと結構落ちる。
かたーくこびり付いた汚れはスクレイパーって道具でがしがし落とします。

そこそこ濁ってます、透視度8mくらい?水温は19度。水深3mも無い位で作業します。

作業途中に遊ぶのも面白い。
漁師さんのぶら下げてる大きなかご。中に大量のアジが入ってます。
3m位の円形の筒。結構大きいのです。

2と4 船底塗料と防食亜鉛

冒頭に出てきた写真。
これ、亜鉛の板です。
船には絶対についてます。

これないとどうなるかって言うと、鉄の船なら船に穴が開く。
プロペラ周りのこれが無いと、葉っぱの虫食いみたい、プロペラに穴があきます。

詳しい仕組みは興味があれば、「防食亜鉛」で調べてみて下さい。
簡単に言うと、水中では電飾を起こしやすい物質から先に電飾をおこします。
さび易いものをそばに置いとけば、それからさびて、周りの鉄はさびないって意味です。

不思議でしょ?
考えた人凄い。

適当な間隔で船に付けられてます。
これもだいぶ溶けてますね。陸揚げした時に交換です。

この写真の青い壁が緑色の部分、コケがつき始めているので、落とす!
軍手を両手に装着。あたり一面こすりつくします。

陸に上げたら、高圧洗浄して、この青いペンキを塗って、やることやっておしまい。
青いペンキは普通のペンキではなくて、船底塗料と言います。
大体、青か赤。
水に少しずつ溶ける成分で、生物が回りに付着しにくくなってます。

さあ、次回のドックは明後日。
陸揚げ作業も紹介しますよー。

次の作業、陸揚げはこちらです!


ダイビング ガイヤナ掃除

浮き桟橋に停泊したガイヤナ。
ガイヤナ!!と浮き桟橋

いつものお仕事、窓掃除。奥の船が船名「ガイヤナ」。

展望室の窓が汚れるので、手前の船からあっちまで。

実はこの桟橋、浮いてます。真下は水深12M位。

下は、水深12m。でも底まではいきません。掃除、お仕事!
にごってます。

にごにご。

めっちゃにごってます。

水深3mくらい、下をくぐって船まで。

窓ガラスの様子。水中から船内が見えます。
スクレーバーを使ってごしごし

始めは傷が付くと思って、軍手のみで磨いてました。

でもこの窓ガラス、全然へっちゃらならしく、写真の道具スクレーバーでやってます。縦にしてキーッって実験してみた^^内緒

アマ藻が生えてきて、だんだんと春時期になってきました

帰る頃は少しは透明度がましに?

青くなって来たなーと思いました。が、写真のホンダワラも生えてきたので、そろそろ春濁りよね。濁りと一緒にアオリイカがやってきて、ホンダワラに卵を植えつけます。