講習前(限定水域)&やり方を忘れてしまった方も! ダイビングの知識

水中へ入る前(限定水域前)の基礎をある程度まとめました。

指導団体の教科書をより理解しやすくなると思いますが、

下記注意事項を守って使うようにして下さい。

指導団体の教科書をよく読むようにして下さい。

ダイビングには、聞きなれない言葉も多いです。

はじめに簡単な説明を見れば、教科書がわかりやすいと考えて作成しました。

主体に指導団体の教科書、その補助教材として参考にして下さい。

身を守る技術は、ここに書かれたことだけではありません。

このHPでは触れていない「生物に関して」などもあります。

講習が進むにつれて無限圧限界時間(NDL)や、

安全停止、減圧停止などのより深い理解も必要となります。

必ず、指導団体の教科書を理解するようにして下さい。

覚えるより、知識をどう使うかが大事。

そのためには、インストラクターと一緒に水中へ入る必要があります。

理由がわからない知識を実行するのはとても危険。

必ずインストラクターに聞いてから実行して下さい。

私が担当させて頂くときは、これらの教材も使って説明します。

学科知識の目次

▲上に戻る