7.まとめ

ライセンス講習限定水域前の知識で覚えておくことは4つのルール。1.呼吸を止めない。2.耳抜き。3.止まる。4.浮上のルール。呼吸を止めないこと、浮上のルールで学んだことを復習します。

今までの復習、4つのルール。

【呼吸を止めない・浮上ルール・止まる・耳抜き】

呼吸を止めない、浮上のルールは既にお話ししました。

止まるについては、

海に入って最初のスノーケル練習で。

体の動きを意識的に止める訓練をすると、

何かあってもパニックになりにくいのでお教えしています。

「耳抜き」に入る前に、今までのまとめ!

それでは、やった事の復習!

同じ物、何度も見ると勝手に覚えられます。

ダイビングの潜行と浮上。基本は中性注力を維持。そのためには水深の変化に応じて、BCへ空気を入れたり、抜いたりする必要が有ります。深くなったら空気を入れ、浅くなったら空気を抜いて下さい。常に自分で浮力のコントロールをすることで、いつでも中性浮力「吸ったら浮く、吐いたら沈む」状態を維持することができます。
ダイビングの浮上について大事なルールをまとめます。浮上の速度は1分間に9m以内です。自分が吐いた小さな泡を見てそれを追い越さないこと。浮上速度が速すぎると思った時は、必要に応じてBCから空気を抜いて下さい。最大水深が5mの限定水域では、他のNDLや安全停止については気にしないでも大丈夫です。
急浮上を防ぐことは、肺の渦膨張傷害や、減圧症を予防することにもつながります。ダイビング最中、浮いたと思ったら息を吐いてください。最初にすることは、息を吐くこと。とても大事なことです。息を吐いて、体を起こして、空気を抜く。この一連の動作を1セットとして覚えて下さい。

出てきたポイントを並べてみました。

もう一度読んでみて、どうして?の部分を、

頭の中に出てくるようにして下さい。

ダイビング中は呼吸を止めない。肺のか膨張障害を守る為です。 地上で膨らませた風船は深く潜ると小さく、浅くなると大きくなります。水圧の増減が原因です。 深く潜ると、ウエットスーツは浮かなくなります。これも水圧が原因で、ウエットスーツの生地に含まれた気泡が小さくなるからです。 深く潜ると、水圧の影響を受けスーツが浮かなくなるため、BCDへ空気を入れて失った浮力を補って下さい。これをやらないと、常にバタ足で水面方向へ向けて泳ぐことになり、とても大変なダイビングになります。 ダイビングの基本、中性浮力「吸ったら浮く、吐いたら沈む。」状態であれば、呼吸の仕方で自分が泳ぐ水深をコントロールすることができます。 浮上最中、ウエットスーツが失った浮力が戻り、BCDに入れた空気は膨張する為、空気を抜いて浮上速度をコントロールする必要があります。 浮いたと思った時には、まず最初に息を吐くこと。肺の空気を外に追い出すことで、浮上速度にブレーキにがかかり、肺のか膨張障害から身を守ることができるのです。空気を抜くときはインフレーターホースを持ち上げないと空気が抜きにくいことを忘れないでください。 浮上の速度は1分間に9m以内を守ります。自分が吐いた泡を追い越さないように、目印にすると分かりやすいと思います。 浮上のルールと呼吸を止めないことはとても大事。この二つのルールを守ることで減圧症と肺のか膨張障害を防ぐことができます。 ダイビング最中、水中で呼吸をすることで、体に窒素が溶け込みます。その窒素がルール違反などが原因で体の中で気泡化します。ルールを守っても減圧症になる可能性は0ではないことも認識しないといけません。減圧症が起こりえる条件は、個々の条件で左右することも認識しておく必要があります。

次で最後、耳抜きについて。

前に戻る
次に進む

▲上に戻る