目次 このぺーじは「7.まとめ」

7.まとめ

ライセンス講習限定水域前の知識。オープンウォーターコース限定水域ののまとめ。

今までの復習、4つのルール。

○呼吸を止めない ○浮上のルール ○止まる ○耳抜き」

呼吸を止めない、浮上のルールは既にお話ししました。

止まるについては、

海に入って最初のスノーケル練習で。

体の動きを意識的に止める訓練をすると、

何かあってもパニックになりにくいのでお教えしています。

「耳抜き」はこのまとめの後でお話しします。

それでは、やった事の復習!

同じ物、何度も見ると勝手に覚えられます。

ダイビングの潜行と浮上。基本は中性注力を維持。そのためには水深の変化に応じて、BCへ空気を入れたり、抜いたりする必要が有ります。深くなったら空気を入れる。浅くなったら空気を抜く。
ダイビングで大事なルール、浮上について。浮上の速度は1分間に9m以内です。自分が吐いた小さな泡を見てそれを追い越さないこと。浮上速度が速すぎると思った時は、必要に応じてBCから空気を抜いて下さい。
急浮上を防ぐことは、肺の渦膨張傷害や、減圧症を予防することにもつながります。ダイビング最中、浮いたと思ったら息を吐いてください。最初にすることは、息を吐くこと。とても大事なことです。息を吐いて、体を起こして、空気を抜く。この一連の動作を1セットとして覚えて下さい。

出てきたポイントを並べてみました。

もう一度読んでみて、どうして?の部分を、

頭の中に出てくるようにして下さい。

次で最後、耳抜きについて。

前に戻る
次に進む

▲上に戻る