目次 このページは「5.復習」

5.復習

少ーし休憩。思い出してみて下さい。

自分で説明できるととても良いです。

復習、ダイビングでBCを使う理由は?

【潜る】-BCに空気を入れる-

潜るとウエットスーツの浮力がなくなります。

風船が小さくなるのと同じです。

水面近くで中性浮力「吸ったら浮く、吐いたら沈む」のとき、

潜ると「吸っても浮かない、吐いたらもっと沈む」の状態へ。

水面に向かって泳がないと沈んでしまうのでしんどい。

BCに空気を入れ、ウエットスーツが失った浮力を補えば

深い場所でも「吸ったら浮く、吐いたら沈む」の中性浮力!

【浮上】-BCから空気を抜く-

深い場所で中性浮力が取れていて、

ダイビングを切り上げようと浅い場所へ移動します。

「そろそろ戻ろう!」

浮上中、深い場所でBCに入れた空気が膨張、

ウエットスーツは浮力が戻るので、

体がとても浮き気味になります。

浮上速度は?1分間に9Mを超えない、

小さな泡を追い越さないスピードですね。

必要に応じて(体が浮くなと感じたら)空気を抜いて下さい。

忘れてて、やべっ浮いたっっ!となったときは、

「息を吐く、体を起こして、空気を抜く」。

息を吐いてから抜くことが重要です。

そうなる前に、岩など目標物を確認しながら、

自分の泳ぐ水深を一定にする。

浮いたことを認識できるようにしましょう。

潜るときには、ウエットスーツの浮力がなくなる。浮上するときには、ウエットスーツの浮力が戻るのと、深い場所でBCに入れた空気も膨張して、浮力が強くなります。
急浮上は絶対にしてはいけません。肺の過膨張障害や、減圧症のリスクが高くなります。それを防ぐ為に、浮力のコントロールが必要になるのです。

何度もくり返しで見て下さい。

何度も同じもの見ると、自然に覚えると思います。

肺の渦膨張障害を防ぐ為に、浮いたと思ったら必ずこの手順を守って下さい。浮いたら、息を吐いて、体を起こして、空気を抜く。
腕だけ伸ばしても、インフレーターホースの位置が悪いと空気が抜けません。必ず体を起こして空気を抜くようにして下さい。
前に戻る
次に進む

▲上に戻る