目次 このページは「3.BCD」

「3.BCD」

ダイビングに使う機材「BCD」浮力を調節する道具です。

ダイビングはこんなベストを着て海に入ります。

このベストの名前をBCDとかBCと呼びます。

ここではBCはなぜ必要?って話をします。

その前に復習、風船とウエットスーツ浮力について。

チョッキみたいな形をしたBCD。これを背負って海に入ります。
ウエットスーツの復習。気泡が圧力の影響を受けて、ウエットスーツの浮力は変化します。ダイビングの最中は、必ず意識して下さい。

こんなのやりましたね。

水深が深い程ほど、水圧の影響で風船は小さくなります。

水圧でウエットスーツの生地に含まれる気泡が小さく。

すると・・・浮かなくなる。

深く潜ればウエットスーツの浮力は少なくなるのです。

実際に海に入る時に

△浮く力(スーツの浮力など)と

▼沈む力(タンクなど水に沈むもの)

この2つがうまくバランスをとって

【浮きも沈みもしない】状態。

この状態を作ることを「中性浮力を取る」とか言います。

肺を膨らませる(息を吸う)と浮いて

逆に、息を吐けば沈みます。

泳ぐ深さを呼吸でコントロールできます。

ここで問題!(解決にBCを使います)

水面近く、中性浮力を取れてれば

「吸ったら浮く・吐いたら沈む」と

呼吸で泳ぐ深さをコントロールできます。

でも、下の図のように5mも潜ると

「吸っても浮かない!吐いたらもっと沈む」って状態になります。

水面でたくさんあった「ウエットスーツの浮力」が

少なくなるからなのです。

ダイビングの基本となる中性浮力ですが、5mも潜ると吸っても体が沈みがちになります。中世浮力が取れない初心者ダイバーによくみられる光景ですが、バタ足をして水面方向に泳がないでください。エアーの消費が速くなり、とても疲れます。

常にバタ足をして上に泳いでる方もよく見ます。

簡単にできますが、これはしんどい。

エアーが早く無くなりますし、悪いことが多いです。

ここでBCの出番。

BCを使う理由から話します。使い方はあとで!

BCは中に空気が入るようになっています。

自由に空気の出し入れができる袋を背負って泳ぐイメージ。

息を吸っても沈むときに、これに空気入れたら浮きますね。

バタ足しなくて良くなるのです。

潜ったら、スーツが浮力を失う。

その分だけBCに空気を入れて補うわけです。

深い場所に行っても、BCに空気を入れたら

浅い場所と同じように中性浮力を取れます。

BCを使えば「吸ったら浮く・吐いたら沈む」と

どんな水深でも、呼吸でコントロールできるのです。

吸っても沈むときはBCに空気を入れることを覚えて下さい。
ポイント5、スーツは浮力の変動があります。スーツが失った浮力を補うために、BCに空気を入れて下さい。

「水面へ戻る時」問題発生!(BCから空気を抜くよ!)

深い場所で中性浮力「吸ったら浮く・吐いたら沈む」

泳ぐ深さを呼吸でコントロールできています。

「そろそろ水面へ戻ろう」

感の良い人は気が付くかも?

ウエットスーツが失った浮力、浅くなると元に戻ります。

スーツの気泡が元の大きさに戻るからです。

浮上するときには、浮く力が強くなって体が浮き気味に。

「吐いても沈まない!吸ったらめっちゃ浮く!!」って状態になります。

でも焦らないで下さい。

潜る前は水面近くで中性浮力が取れていたのです。

同じ状態に戻しましょう。

BCから空気を抜けばよいのです。

ダイビングで怖いのは急浮上。急浮上は減圧症などの原因になります。これを防ぐために、浅い場所へ戻ってきたときは、BCから空気を抜くのを忘れない。体が浮きそうになったら空気を抜いて下さい。
ポイント6、浅くなったらウエットスーツの失われた浮力がもとに戻ります。からdが浮き気味になるので、必ずBCから空気を抜いて下さい。
何度も言います。ダイビングの基本、中性浮力「吸ったら浮く、吐いたら沈む」

どんな水深でも中性浮力「吸ったら浮く・吐いたら沈む」。

そのためにBCを使うのです。

潜ったら空気を入れる。

浅くなったら空気を抜く。

水中では、この動作を必要に応じて何度も行います。

ダイビングの基本は呼吸でコントロール。

「吸ったら浮く・吐いたら沈む」。

どんな水深でも呼吸でコントロールできるように、

補助的な役割としてBCを使って下さい。

前に戻る
次に進む

▲上に戻る