覚えて欲しい「4つのルール」

ダイビングで起こる事故は、「呼吸を止めない」「耳抜き」「止まる」「浮上のルール」の4つのルールを守らなかった時に起こります。この大きなルールを知っておいてから細かい約束事を説明します。

すご~~~く、大雑把な説明から入ります!

この先、何度も出てきます。何度も聞けば覚えると思って読んで下さい。

このホームページで説明していることは全て「4つのルール」を守るためです。

ダイビングで身を守るため、1.息を止めない。2.耳抜きをする。3.止まる。4.浮上のルール。この4つを守る必要があります。

①肺がピンチ -息を止めない-

水中では、呼吸を止めてはいけません。

特別なことをする必要はなく、普通の呼吸をしていればよいです。

呼吸を止めると、水圧の変化を受けた時に肺が破れる可能性があります。

②耳がピンチ -耳抜き-

説明最後の「耳抜き」ができていない状態で、

痛みを我慢すると鼓膜がやぶれる可能性があります。

痛い時は我慢をしないで下さい。

③そもそもピンチ -止まる-

可能ならSTOP(^^大抵はこうなる前の原因が有ります。

焦って動くとパニック・・・。一瞬でも、

意識的に体の動きを止める。落着ける時が多くなります。

④減圧症 -浮上のルール-

ルールを守っても減圧症の可能性はありますが、

より安全に潜るために決められた浮上のルールがあります。

最初に意識するのは「浮上の速度」1分間に9mよりも遅い速度で浮上します。

ここの説明は全て、4つのルールを守るために必要。

目標は、ルールを守る理由を自分で説明できることです!

▲上に戻る