4.BCD操作 使いかた、注意点

BCDは、肩で背負える。

空気タンクは背中側に装着します。

ここでは使い方と、注意点を説明。

BCD/BC ダイビングで使う器材。浮力の調整を行う道具です。
蛇腹のホースは「インフレーターホース」。赤いボタンを押すとBCDへ「空気を入れる」、白いほうで「空気を抜く」ことができます。

ここからBCDの使い方のお話し。

重要なのは、インフレーターホース。

BCDについている「じゃばらのホース」です。

実物見たとき「ああこれか」と思えればOK。

赤いボタンを押せば

タンクからインフレーターホースを通じて

BCDに自動で空気が入ります。

白いボタンを押せば

BCDの空気が抜ける仕組みです。

赤いボタンはどんな姿勢でも、押せば空気が入る。

白いボタンは「押しただけでは空気が抜けない」。

この先何度もお話します。

空気を「抜くとき」は、

インフレーターホースは高く持ち上げて

「空気の通り道をつくる」ことを意識。

BCのインフレーターホースは高く持ち上げて空気を抜いて下さい。赤いボタン「空気を入れる」のはどんな体勢でも大丈夫ですが、空気を抜くときだけは、体を起こさないと抜くことができません。

空気の通り道ができていないと、

なかなか空気が抜けないことがあります。  

抜きたいときは「持ち上げて、空気を抜く」。

ダイビング中、空気が抜けない状態を紹介します。

BCの空気が抜けないパターンを紹介します。図のようにホースを曲げてしまうと水溜りが出てしまい、そこから先には空気が抜けません。

上の図、曲がったホースは水が溜まる。

空気が止まります。

なので、空気の流れる道を作る。

ホースをしっかり伸ばす!「全体」を持ち上げて!

(学科で実際にお見せします、今は想像!)

また、写真右のように体が寝てると抜けません。

慣れればこの体勢でも空気を抜けますが、

基本、体を起こしてからホースを持ち上げると、覚えましょう。

以上を踏まえて

自分の体が浮いたなと思ったら、空気を抜くやり方。

体が浮いたと思ったら

【息を吐く】 【体を起こして】 【空気を抜く】

浮いたと思った時は、必ず最初に息を吐いてください。息を吐いて、体を起こす、そして空気を抜く。このパターンを覚えるようにしましょう。

体が浮くと思ったら空気を抜きます。

でもその前に「息を吐いて」下さい。

浮いたら思いっきり息を吐く、ブレーキがかかります。

浮力が少なくなる、肺が空気が無くなるから。

そのまま浮き上がる可能性が低くなるのです。

少しあとで説明しますが、急浮上は厳禁。

それが理由で、浮力コントロールが必須です。

急浮上を防げば、減圧症の予防になります。

(あとでしっかり説明します)

同時に肺の過膨張障害も防げる!

息を吐くと、急浮上時に起こりやすい

肺の破裂から身を守れるのです。

膨らみすぎた風船も、すぐに空気を抜けば割れない。

浮いた!と思ったら、最初に吐くことです。

順を追って説明しながら、あと5.6回は繰り返し同じことを言います。

今はそんなものかと聞いておいて下さい。

ポイント6、浮いたと思ったら「息を吐く、体を起こす、空気を抜く」何回も言いますので、徐々に覚えていきましょう。
BCを使って浮力をコントロールします。

深い場所、BCDに空気を足して中性浮力。

「吸ったら浮く、吐いたら沈む」状態。

浅い場所に戻ると、体が浮きます。

スーツの浮力が増える(元に戻る)からです。

浮いたら「息を吐く、体を起こす、空気を抜く」

BCに入れた空気は、浮上の際に必ず抜く。

適切に空気調整をすれば、中性浮力を常に保てる。

深場でBCに入れた空気も、浮上で膨張します。

体が浮き気味になる理由はスーツだけが原因ではないのです。

浮上の際も、自分で浮力をコントロール。

無視すると、さーっと水面まで上がります。

(…必要に応じてBCから空気抜くだけです^^)

ダイビングで重要な「4つのルール」。

そのうちの1つ「浮上のルール」

減圧症を防ぐ為に、とても重要なことです。

(…減圧症はもう少し後で!)

浮上のルールは細かく分ければ幾つかありますが、

今は【速度】に注目して下さい。

【浮上速度は9m/1分】

最大でも1分間に9mの速度以下で浮上して下さい。ってルールです。

ポイント7、ダイビングのルール。浮上速度は1分間に9m以内に押さえましょう。わかりにくいときは、自分が吐いた泡を見て、一番小さな泡を追い越さないこと。徐々に浮力が強くなるので、必要に応じて空気を抜いて下さい。
ダイビングの浮上速度は必ず守る!1分間に9m以内です。何度も言います。

最大でも1分間に9m。

正直、それがどのくらいかを測るのは難しいです。

そこで、自分が吐いた「一番小さな泡」を見て、追い越さない。

ゆっくりとしたスピードを維持して浮上します。

浮上最中、スピードが上がって

小さな泡を追い越しそうになりますが、

必要に応じて空気を抜きます。浮力をコントロール。

(一度に抜きすぎると体が沈んで泳ぐの大変です)

そして重要なこと。

「4つのルール」の内「浮上のルール」と

「呼吸を止めない」って約束も忘れない。

普通に呼吸をしていれば問題はありませんが、

呼吸を止めて浮上すると、

肺が破裂・過膨張障害がおこる可能性があります。

浮上速度を守る「1分間に9m」小さな泡を追い越さない。

必要に応じてBCの空気を抜く。

呼吸を止めない。

浅い場所への移動・浮上に重要なことです。

ダイビングで危険なのが急浮上。浅い場所へ移動をした時に、浮力が強くなりますが、それを無視して(気がつかないで)いると、さらに浮力が強くなります。どんどん浮き上がって最後にはコントロールが聞かない状態で、海面まで浮き上がります。

急浮上は、

体が浮き気味だなと「思った時点」で対処。

対処をすればほとんど起きません。

浮いたと思ったら?

【息を吐く、体を起こして、空気を抜く】

無視をしたり、面倒くさがったり、

浮いたのに気が付かなかったりすると、

浮力が強くなって、どんどん浮上を続けます。

本当に緊急時には

下を向いて泳ぐ場合もあるかもしれませんが、

安全のため、そうなる前に空気を抜く癖をつけて下さい。

浮いたと思ったら、「息を吐いて、体を起こして、空気を抜く」
ポイント8、急浮上を防ぐと減圧症や肺の過膨張傷害の予防になります。浮上のルールはほかにもありますが、まず最初は浮上速度を意識するようにしましょう。
前に戻る
次に進む

▲上に戻る