最後は「8.耳抜き」

8.耳抜き

苦手意識を持つ方が多い耳抜き

仕組みを理解できていないことも多く感じます。

大勢の方は、理解を深めるだけできることが多いです。

(体質で抜けない方もいます。無理は良くないです)

ほんまかいな?と思う方もいるでしょう。

夏のシーウォーカーで耳抜きの説明は直前に2分間。

1500人以上、一般の方々を案内して来ましたが、

体質を除いて、耳抜きができなかった方の記憶はないのです。

安心して、耳抜きの理解を深めて下さい。

重要なのは、

圧力がかかりすぎた状態では

耳抜きが出来ないってこと。

大体はこれが原因なのです。

それでは早速、順番に説明していきます。

下の絵、両手を鼓膜だと思って聞いて下さい。

人間が水中へ入ると、鼓膜は内側へ凹みます。

水圧の影響を受けるのですね。

「凹みを戻してあげる」この動作のことを耳抜きと呼びます。

耳抜きをしないと耳が痛くなり、

さらに無視して潜ると鼓膜が破れるので注意が必要です。

これからやる練習は、耳に負担をかける場合があります。

体質など個人差を把握できないネット上は責任は持てません。

これを見て練習する場合は全て自己責任でお願いします。

禁忌事項は、

風邪をひいてるときにはやらない

耳に関する病気がある、予測される場合もやらない

耳が弱い方はやらないなど

一般論として健康でない場合は避けた方が無難です。

耳抜きが苦手な人はここからをよく聞いて下さい。

耳抜きは圧力がかかるたびに「何度も」必要です。

例えば私の場合、

5m潜るためには大体6~9回ほど耳抜きをします。

耳抜きの回数を少なく潜ると

耳に強い圧力がかかりがち。

鼓膜が大きく内側に凹みます。

この状態、耳が抜きにくく、

耳抜きに強い力がいるので、推奨されません。

私の場合、左耳が(の耳管が)弱く、

負荷をかけて耳抜きすると次の耳抜きで抜けなくなります。

負担をかけないように、耳抜きはこまめに。

回数を意識してやっています。

浮上の時は自動で抜ける構造、何もしないで大丈夫。

耳抜きが出来ているかどうか、水中で確認する方法は

痛くなければ大丈夫。と覚えておいて下さい!

以上が限定水域前、最低限の知識です。

他にも生物に刺されるとか、

気体の性質などありますので、、

団体の教科書はしっかり読むようにして下さい。

(ここから下はOW持っている人向けの説明)

耳抜きのコツは、陸上でできるかどうか練習。

陸上でできれば出来ます。

水中では、こまめに。圧力がかかる前に、何回も。

もう一つポイントは【水中へ入る、潜行する直前】に

水面で耳抜きをしてから水中へ入って下さい。

さらに気を付けるのは、潜行の時に

しっかりと浮力のコントロールができていること。

ボトッと水底へ落ちる人は危ないよー。

これで、限定水域前の知識はお終い!

指導団体の教科書がわかりやすくなっているのでは?と思います。

あとは、指導団体の教科書を理解するようにして下さい!

前に戻る

▲上に戻る