目次 このページは「6.減圧症と浮上」

6.減圧症と浮上

たびたび出てきた言葉「減圧症」

それはいったい何って話をします。

指導団体の教本にも沢山でてきますので、

それらを簡単に理解できるように説明します。

すごく重要、絶対に覚えてください。

減圧症について。体に溶け込んだ窒素が気泡化することで、体にダメージを与えます。

私達が、普段呼吸をしている「空気」は

色々な気体が混じっています。…中学で習うやつです。

空気は、おおよそ窒素80%、酸素20%の気体です。

人間は、酸素をエネルギーとして使います。

窒素は体に吸収されず、そのまま体から出ていくだけです。

空気は窒素と酸素の混合気体。水中で呼吸すると普段よりも濃い空気を吸うことになり、窒素が体の中へ溶け込むのです。これが減圧症の原因になります。

さてその空気について。

風船を水中へもっていくと、

水圧で圧縮されて小さくなります。

ここで一つ。風船の中で変化があります。

空気が小さくなった(凝縮された)ことで、

普段よりも「濃い空気」になります。

水中では濃い空気を吸うことになるのですが

そのときに窒素が問題になります。

窒素が体の細胞に溶け込みます。

水圧が高いほど、時間が長いほど溶け込みやすいです。

浮上速度を守らなかったなどのルール違反をしたときに、

体中に溶けた窒素が、体中で気泡になります。

気泡化した窒素は、体の組織に重大なダメージを与えます。

血管に入りこみ、脳などに送られる可能性もあります。

その場合は麻痺や後遺症を残すダメージを与えるかも知れません。

ダイビングのルールを守らなかった時に減圧症にかかる可能性が高くなります。減圧症になった場合には、麻痺などの重大なダメージを残す可能性があるため、浮上のルールなど、必ず守って下さい。

ルールを守っても減圧症になる可能性は0ではありません。

いたずらに脅かすわけではないのですが、

水中で呼吸をすれば、誰でも減圧症になりえることを認識して下さい。

より安全に潜るために作られたのが、浮上のルールです。

浮上速度は一分間に9m以内です。

浮上のルールにはあと二つあります。

「NDL/無減圧限界時間」と「安全停止」

「NDL」はこの水深で、あと何分とどまると

窒素が溜まりすぎるって指針の時間です。

「安全停止」は深い場所から戻ったときに、

必ず5mで3分止まりましょうってルールです。

限定水域では深くても最大5m。

その為、後の二つは限定水域のうちは殆ど関係ないのです。

オープンウォーターのはじめ、限定水域のうちは浮上速度を意識して下さい。オープンウォーターコースのはじめは、最大水深が5mまでなので、他のルールは余り関係がないのです。
ダイビング最中、水中で呼吸をすることで、体に窒素が溶け込みます。その窒素がルール違反などが原因で体の中で気泡化します。ルールを守っても減圧症になる可能性は0ではないことも認識しないといけません。
前に戻る
次に進む

▲上に戻る