誰も知らない海の世界へ。愛媛県愛南町、国立公園に指定された海。

ダイビング やってみるには2つの方法!

体験ダイビング or ライセンス取得コースです。

両方とも、安心して参加できる初心者用コース。体験ダイビングは浅い水深で遊びます。初めからライセンスコースに参加する方は大勢です。

○参加条件 ○二つのコースの違い&選び方 ○お店の選び方 を紹介します。

高橋のお店の場合、ウエットスーツを含めて、専門的な器材は全てこちらで用意します。お客様は、体の健康、水着と着替え、宿泊の準備で参加できるコースです。

○はじめにCheck‼ 必要なのは「健康な体 & 満15歳以上」※1

体験もライセンスも 【心身ともに健康な体&満15歳以上】※1

ダイビングができない症状は

「妊娠または疑い 喘息 気管支や肺・呼吸器に病歴

気胸になった 心臓に病歴 最近手術をした 

ダイビング後18時間以内に飛行機に乗る予定」など。

その他は問題ないことも多いのですが、問診表にチェックがあるときは医師の診断が必要です。

健康問診票をチェックしましょう。

(※1 本来は10歳から条件付きで限定的なダイビングが可能です。

分かりにくいため、私の場合は15歳からにさせてもらっています。)

愛媛県に広がる足摺宇和海国立公園。海域公園に指定された横島でダイビング。

初めてのダイビングは2通り 体験ダイビングorOWコース

○体験ダイビングって? ライセンス不要のダイビング!

体験ダイビングは無人島鹿島で。インストラクターが常にそばにいます。

浅い水深(約5m)、初心者でも安全に楽しめる範囲でダイビング。

水中で過ごす時間は30分~45分。

うちは無人島へ行きます、総所要時間(着替えなど含め)が3時間くらい。

体験ダイビングはこちらのページへ

○ライセンス講習って?最初はオープンウォーター。水深18Mまで潜れる!ライセンス取得コース

オープンウォーターライセンス取得で、18mまでダイビング。

講習の始めは限定水域。体験ダイビングと同じ5mまでダイビング!

魚を見ながら水中技術を学んでいきます。海洋実習では18mの世界へ。

実技テストなし。水中でインストラクターのお手本をまねるだけ。

隔週OK、合計4日のダイビングを楽んで、ライセンス発行です!

オープンウォーターライセンス取得はこちらへ

必要器材は全てこちらで。準備は水着&着替え&タオル!

体験ダイビングも、ライセンス取得コースも、平均的な大中小のレンタル器材サイズがあります。

一部、特特大などはご対応が出来ない場合もあります、御了承下さい。XXLまで大丈夫そうです。

○結局、体験ダイビングとライセンス講習どっちがいい?

水が怖いか、時間が取れるかで決めるとよいと思います。

水に慣れてて(水泳経験など)、興味を持ってたらライセンス!

怖いけどやってみたいと思ったら、体験ダイビングからの方が無難です。

長い人生の中、一度は水中旅行へ!
OW取得で自由にダイビング。ライセンス取得後も遊びの幅が広がる自由なシステム。

全国共通 お店の仕組みとファンダイビング -ライセンス取得前に知っておくと良いこと-

○最初に要点!1番大事。 知って欲しいことは沢山ですが…^^

PADIやSSI、有名な団体を選んで、OWを取得して下さい。お店は信用ができるところが一番です。

オープンウォーターは水深18mまで潜れる最初のランク

できるだけ何も考えない&不利益を受けたくないときは、

「信用できると思うお店」&「PADIかSSIのOWを取得」する。

OWがあれば、ダイビングができます。

お店で稀に「器材の購入が条件…」とか言われることも?

信用できないと思ったら、遠慮せず違うお店に行きましょう。

最初はOW(オープンウォーター)。Cカード取得で、18mまで自由にダイビング。

○全国共通 お店の仕組みと、ファンダイビングについて

ダイビングのお店について。

「街のお店」or「海が近いお店」 、都市型と現地ショップがあります。

○都市型ショップ -街のお店-

交通費など上乗せ有るけど、運転無し。

ダイビング可能日は、お店のツアー日程次第。

都市部に住む方には近くて、相談がしやすい。

(お店で当日集合場所に違い有り。注意して下さい。)

○現地ショップ -海が近いお店-

価格は安い。直接現地へ行くので運転有り。

気象条件が許せばいつでもダイビングが出来る利点、目の前が海^^

私の開催するツアーはお客さんの潜りたい日、365日!

主に都市型ショップは、お客さんと一緒に車で現地ショップへ遊びに。

(自前で全て用意して直接海へ行くお店も。シャワーが帰宅後に?^^)

現地ショップ(うちはこのタイプ)は都市型ショップの受入れ。

施設&船&タンク準備、ガイドなどを担当します。

勿論、現地ショップ(私のお店)へ直接予約もできます。

良し悪しがありますので、好みで大丈夫です。

これらのお店が開催するダイビングツアーが、ファンダイビングです。

参加には、OWライセンスが必要になります

Cカードを取得すると、名前と写真入りのプラスチック製カードが発行されます!
都市型SHOPか現地SHOPは自分の利用しやすい方を選びます。

ショップ選び 3つのポイント!

さあ、お店を選びます。

ライセンス取得時、選び方。(体験は2を飛ばして下さい!)

お店の選び方は簡単です。①都市型か現地ショップか②Cカードを発行する団体を決めて③1と2を踏まえて気に入ったところへ行きましょう。

1 都市型or現地ショップ

車の運転が平気なら現地へ。面倒とか、お店に沢山相談したい!とかは都市型。近いから^^

金銭面は現地が安い。バランスで決めて下さい。

このお店はだめだぁ-!!と感じたら、ライセンス講習後は他に行けばよいのです。

2 ライセンス(Cカードと呼ばれます)を発行する団体

ダイビングライセンス、正式名は「Cカード」。

PADI SSI CMAS BSAC NAUIなど民間会社団体がCカードを発行。

ダイビングのお店は必ず上記団体へ加盟してます、コレを決めましょう。

最初に結論を言えば、PADI、SSI、CMAS、BSAC、NAUIなど有名団体であればどこも変わりがありません。有名な団体+お店の信用で決めるとよいです。

ポイントは

・紹介したPADI、SSI、CMAS、BSAC、NAUIは2019年現在問題無し!

・インストラクターを目指さなければ、大差なし

・有名団体でないと、海外で潜れないことが…

・要するに、有名な上記団体はどれでもOK!

よくある質問

○SSIの人は、PADIのお店いける? ⇒ 【全く、問題なし。行けます!】

○やっぱ違う団体にしたい ⇒ 現在ランクより上級ライセンス取得時にOK

団体変更時は、経験が引き継がれることが普通。

例えばPADI ⇒ SSI、SSI ⇒ PADIなど、途中変更が可能。

(初級OW ⇒ 中級AOWを他団体で取得可)

まとめると

インストラクターを考えなければ、かつ有名な団体なら

どこも大差がありません。

「有名団体+お店の信用」で決めて下さい。

インストラクターになる予定がなければ、有名団体はどこも変わりがありません。職業ダイバー(インストラクター)になる場合に、ネームバリューや保険料金などに違いが出て来ます。
ライセンス取得後でも、お店&団体の変更ができます。よくある質問で、団体が違うお店では遊ぶことができないのかとありますが、大丈夫。安心してお店に遊びにいって下さい。

3 気に入った、信用できるお店。これが大事。

後からの団体変更や、違うお店に変えるのは簡単。

他の何より、自分が信用できると感じるお店を選ぶのが重要です。

簡単なことを気軽に相談できることは、とても心強い。

ちなみに高橋が所属する団体は「SSI」。

宣伝をすると?特徴は個人インストラクターを認めていない点。

SSIのお店に所属しないと、Cカード発行ができないので

トレーニングの質が高い水準で保たれています。

(友人でも、Cカード発行を適当にできないってこと。)

ヨーロッパで主流のSSI。1970年設立、110ヵ国以上に展開。

3,000店以上のダイビングサービス、世界規模の組織。

と、何かすごそうなプロフィールがどの団体でも書かれてますが

本当に、有名団体でお店が信用できるなら大丈夫です。

まとめ。都市型ショップか現地ショップを決めること。ライセンス(Cカード)の発行団体を決める。二つを踏まえて気に入ったところ。

最初はOW、これだけ覚える。他のライセンスの種類は…気にしなくても平気(><)

各団体で名称が統一されていません。

同じランクで違う呼びかたの物も存在しています。

出来ることは殆ど変わらないのですが…。

少しまとめておきます。何ができるかだけ分かると良いと思います。

間違ってたらごめんなさい。

(実は私もSSIとPADIしか覚えていないのです^^)

ダイビングの資格について補足します。沢山の種類のCカードがありますが、プロランクはガイドなどをする際に必要になるCカードです。(ガイドには国家資格である「潜水士」も必要となります。
最初に取得するのはOW(オープンウォーター)。団体ごとに呼び方が異なるので注意して下さい。
これで知識十分です。コースへお進み下さい!

○体験ダイビング

ライセンス無し出来るダイビング。

水深5m、限定された海域で遊ぼう!

○ライセンス取得コース

国立公園でライセンス取得。

生き物が豊富な海で自由に遊べる!

▲上に戻る